②-4:クアラルンプール空港でシャワーを浴びる!

 第2回KULタッチの往路はあっという間で、約2週間ぶりにクアラルンプール空港に帰ってきました。今回のミッションはシャワー!早速予約しに行きます!

 

 

シャワー、故障中!!

 

 JALビジネスクラスの搭乗客が利用できるラウンジは、第1回KULタッチの記事でご紹介したキャセイパシフィック、マレーシア航空のラウンジと、プライオリティパスで入れるプラザプレミアムラウンジ。このうち、シャワーがあるのはマレーシア航空とプラザプレミアムラウンジです

マレーシア航空、このときもサテライトラウンジは工事中だったため、プラザプレミアムラウンジに向かいました。

今再びのプラザプレミアムラウンジ。前回はシャワーが混雑していて搭乗時刻に間に合わなかったので、今回はゲートからこちらのラウンジに直行し、受付時にシャワーを使いたい旨伝えました。すると、

「すみません、シャワーは今メンテナンス中で使えません」

おーのー!!!なんということでしょう。しかし、すかさず代替案を提案してくれました。

ウェルネススパのシャワールームが7時から使えるから、ラウンジでくつろいで、7時になったら受付に来てね」と教えてくれました。すばらしいリカバリー。

7時までは40分くらいあったので、荷物を置いてフードコーナーに変わりがないかチェックしに行きました。

きっちり補充されていますね。メニューはほとんどおんなじかな??

7時になって受付に行ったら、スタッフの方が1本電話をしてくれました。道案内をされ、ウェルネススパに行ってくれ、とのことでした。

 

ウェルネススパのシャワールーム

 

 歩いてすぐのところにあるウェルネススパの外観はこんな感じでした。

一番はじっこにありました。ラウンジというよりは、その名の通りスパという趣の強い施設でした。

こちらの受付で名前を告げると、まだ清掃が終わっていなかったらしく、少し待たされました。受付のところにあった雑誌をチェックして時間を潰します。

なんだかおしゃれです。

入り口の椅子に座っていたら、目の前のルーム3を清掃していたようで、ここに通されました。早速中をチェックします!

こちらが室内。1人用のソファが置いてありました。

目の前は駐機場!このままここで脱いだら、素っ裸大公開です。笑

しっかりカーテンを閉めてから着替えます。

こちらがシャワーブース。いきなりトイレがあります。

なんと、ウォシュレットです。海外で初めて見たかもしれません。

便座の目の前に、扉で仕切られたシャワースペースがあります。

よく読むと、シャンプー、ヘアー&ボディと英語で書いてあります。リンスインシャンプーならぬ、ボディソープ兼用のシャンプーです。髪の毛ゴワゴワになりました。

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーどちらも揃っています。が、水圧が最悪でした。ぜんぜんでない。なんとか漏れ出ているレベル。しかも温度の乱高下が激しい。熱湯の時間帯と冷水の時間帯が交互に押し寄せ、間にわずかにある程よい温度の時間帯にさっと済ませなくてはなりませんでした。これはストレスすごいです。せっかくキレイな施設で清潔感もあるのに、とっても残念。

アメニティはこちら。歯ブラシと紙コップ、ひげそりが用意されていました。

引き出しの中にはドライヤーも。ちょびちょびシャワーで消化不良のまま身支度を調えて部屋を後にしました。

ちなみに、こちらのブースの扉は鍵がありませんでした。

プラザプレミアムラウンジを使っている延長での利用なので、プライオリティパスホルダーで無料でしたが、これにはお金を払いたくないですね。気を取り直してお気に入りのキャセイラウンジに向かいます!

 

キャセイラウンジで夜ご飯

 

 前回のKULタッチでも利用したキャセイラウンジに再びやってきました。

スイーツが変わっていました。相変わらず見た目がキレイです。

絶対また食べようと思っていたジャパニーズカレー。肉の量がすごいです。

バジリコのパスタなど。

いただきました。

キャセイのカレーはやっぱりおいしいですね。

結局、キャセイラウンジで搭乗までの時間をつぶしました。真夜中にラウンジで時間を潰すSINタッチとは違い、KULタッチは搭乗時間が身体にちょうどいいですね。

次回はいよいよ、KULタッチの帰り道から国内線に乗り継ぎ、JGC修行を解脱します!!

コメントを入力する