JFKからナイアガラの滝に行く!ジェットブルーでも使える空港ラウンジ

 2018年8月のニューヨーク旅行では、日帰りでナイアガラの滝を観に行ってきました。その際に利用したのが、格安航空会社「ジェットブルー」です。マンハッタンから日帰りでナイアガラの滝を見に行くには欠かせないのが飛行機ですが、格安航空会社でもラウンジを利用できるのか調べ、実際に行ってきました。

 

 

JTBのツアーを利用

 

 マンハッタンからナイアガラの滝まで行くのに最もメジャーなルートが、JFK国内線から空路でバッファロー空港(BUF)まで行き、そこからバスやUberを使うというもの。これなら日帰りでも十分楽しめます。

今回は、JTBのオプショナルツアーを利用しました。飛行機は自分で手配できますが、バッファロー空港からナイアガラの滝までの移動の手配がめんどくさいのと、ツアーなら簡単にカナダ側に越境できるためです。

JFKからバッファロー空港までは、スカイチームのデルタ航空か格安航空会社のジェットブルーを利用することとなります。当然、ジェットブルーの方が安いため、ツアー利用の場合はジェットブルーになることが多いと思います。

今回も、ジェットブルーでした。ホテルから空港までの送迎付きプランで楽をしましたが、ホテルの集合時間は朝5時20分。とっっても早いです。笑

 

ジェットブルーはJFKターミナル5

 

 JFKのターミナルのうち、ジェットブルーはターミナル5になります。

車でターミナルに近づくと、ジェットブルーの飛行機がたくさん見えました。

午前6時半。朝にも関わらず、ターミナルには多くの搭乗客がいました。修業僧でしょうか←

格安航空会社ですが、様々な空港を結んでいます。

ツアー会社から事前に送られてきた搭乗チケット。搭乗開始時間は午前7時32分。あと1時間くらいです。国内線なので出国審査はありませんが、保安検査の長い長い列を並んで制限エリアに入りました。3大アライアンスに加盟していない格安航空会社では、基本的に優先レーンがないので並ばなくてはなりません。

 

アメプラがあればAirspace Loungeが利用可

 

 ターミナル5はとても小規模なターミナルです。

逆Y字のような形をしています。ターミナル5には、軍人とその家族用のラウンジ(ミリタリーラウンジ)のほか、Airspace Lounge(エアスペースラウンジ)という2つのラウンジがあります。そして、Airspace Loungeはアメックスプラチナを持っている人なら無料で利用可能です。

Airspace Loungeへは、マップ中央部分の保安検査場を抜けた後、左(赤い矢印)の方向に進みます。すると、24番ゲートと25番ゲートの間付近に見えてきます。

こちらがラウンジの入り口。入り口付近には入室条件などの記載はありませんでした。

ドアを開けてまっすぐ進むと受付が。何やらクレジットカードの券面が書かれたボードがあります。

アメックスプラチナとセンチュリオンカードのうち、無料でラウンジを利用できるカードの一覧が示されていました。日本で発行されたプラチナカードは問題なく入室できました。ビジネスプラチナカードもOKと書いてあります。

ちなみに、公式HPによると同伴者については2人まで無料で入室できるそうです。

1. COMPLIMENTARY ENTRY FOR AMERICAN EXPRESS PLATINUM CARD MEMBERS AND THEIR GUESTS

American Express Platinum and Centurion Card members and up to two guests are permitted in the lounge free of charge and each entrant enjoys the same complimentary offerings as other Airspace Lounge guests.

(引用元:http://www.airspacelounge.com/faq/program-entry/)

なお、プライオリティパスでは入れませんのでご注意ください。

午前4時半から午後11時まで営業しているので、早朝のフライトでも問題なさそうです。

 

ラウンジ内部

 

 

 さっそく中に入ります。

正面にはバーカウンターがあります。

左奥にはフリードリンクやスナックなど。

こじんまりとしたスペースですが、利用客はそこまで多くありません。

ファミレスみたいな長いソファも。

おかきみたいな乾き物と、小さなプレッツェルやポリンキーみたいなスナック菓子がミックスされたディスペンサー。蛇口のような形のハンドルをクルクル回すとお菓子が落ちてくる、シリアルみたいな感じです。

ティーバッグとトロピカルアイスティー。

ホットコーヒーも。とってもシンプルなサービスですが、朝に無料でコーヒーや紅茶が飲めるのはありがたい。

ここしょーはトロピカルティー、母はコーヒー。おかきも取ってきました。これが結構うまい。笑

そして、AIRSPACE LOUNGEと書かれた白いカード。これは受付で受け取ったものですが、これがこのラウンジ最大の武器

1人10ドルのクレジットが人数分付与されたカードです。2人で20ドル分あり、バーカウンターで有料メニューから注文することができます。

こちらがメニュー。ニューヨークベーグル3.5ドル、ソーセージエッグマフィン6.5ドル、バッファローチキンラップ8ドルなどなど、様々な軽食がオーダーできます。

もちろん、お酒類も頼めます。

1人10ドル分を外で使うとそこそこのコストですが、ラウンジで実質無料で使えるのはありがたいです。搭乗時間までゆっくりできるほどの時間がなかったため、おにーさんにテイクアウトできるメニューを聞き、ベーグルをオーダーしました。

焼きたてのほっかほかのものを、銀紙で包んでくれました。

バターかクリームチーズを選べるので、クリームチーズにしました。クリームチーズは1人分のポーションとプラスチックのナイフを渡され、自分で塗る方式でした。味はきわめて普通ですが、タダなのでなんだかおいしく感じます!笑

 

JFKからジェットブルーでナイアガラの滝を見に行くとき、アメプラを持っている方はぜひ寄ってみてください^^

コメントを入力する