人気店や海外レストランの予約に便利!アメックスのプラチナ・コンシェルジェ・デスクでピータールーガーを予約してみた!

 2018年のニューヨーク旅行では、行ったことのないステーキハウスに行きたいなぁと考えていました。そこで、2020年に日本上陸予定の実はまだ行ったことのなかった名店「ピータールーガー」に行くことにしました!予約がないと何時間も待たなくてはならない名店です。せっかくなので、アメックスプラチナのコンシェルジェに予約をお願いしてみました!

 

 

アメプラ至高のサービス「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」とは

 

 これがあるからアメックスプラチナの年会費を払える、と個人的に思うくらいのサービスが、「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」です。アメックスプラチナを保有すると、24時間365日、いつでも秘書のような存在にレストラン、居酒屋、ホテル、乗り物やエンタメのチケット、花の予約手配など、たいていのことはお願いすることができます

土日でも夜でもお願いできるのは、とても使い勝手がいいです。もちろん、利用は無料 年会費と、予約した店でプラチナ・カードを切ることで手数料収入がアメックスに入るという2つの財源で成り立っているサービスでしょうか。

今回は、ニューヨーク・ブルックリン地区にあるステーキハウスの老舗「ピータールーガー」の予約をお願いしたいと思います。こちらの店は世界各国から観光客が訪れる人気店で、電話がなかなかつながらないことで有名です。もちろん、やりとりはすべて英語。ようやくつながってもうまく話せなかったり予約に必要な情報を答えられなかったりすると切られちゃうこともあるという話を聞きます。

そんな予約に時間がかかる店だからこそ、コンシェルジェにお願いしがいがあるというものです。もちろんすべて日本語ですし、フリーダイヤル、基本的にはコンシェルジェに聞かれた通りに答えるだけでいいので、とっても簡単ですよ♪

早速、電話をかけてみます!

 

予約のやりとりを再現

 

 思い立ったのは日曜日。お昼過ぎの時間でしたが、プラチナ・コンシェルジェ・デスクの電話番号にかけてみます。

すると、いつもの自動音声で①カードのサービスに関する問い合わせ②旅行の手配③レストラン・花・ギフトなどの手配――の3択が流れるので、を押します。

カード番号15ケタの入力を求められ、押すと4ケタの電話用暗証番号を入力。

①海外に関する問い合わせ②国内に関する問い合わせ――の2択が流れるので、今回はを押します。

しばらく待っていると、コンシェルジェにつながりました。以下、やりとりを再現してみました。青太字括弧はコンシェルジェの方、黒字はここしょー、赤字はここしょーのコメントです。

(お待たせ致しました、○○と申します)

海外のレストランの予約をお願いしたいのですが。

(海外のレストランの予約ですね、承知致しました。恐れ入ります、お名前フルネームで頂戴できますでしょうか)

[ここしょー]です。

(ありがとうございます。お電話口、ご本人様でお間違えないでしょうか)

はい、そうです。

(ありがとうございます。そうしましたら、大変申し訳ございませんが、[ここしょー]様のお誕生日月だけ頂戴できますでしょうか)

3月です。

(ありがとうございます。レストランのご予約ということですが、海外のレストランでお間違いないでしょうか)

はい、そうです。

(ありがとうございます。今回レストランお使いいただく方は、[ここしょー]様ご本人様ご利用ということでお間違いないでしょうか)

はい、そうです。

〈ここまでは、本人確認とサービス利用の前提条件の確認ですね〉

(ありがとうございます。それでは、ご希望内容うけたまわってよろしいでしょうか)

アメリカ・ニューヨークのステーキハウス「ピータールーガー」で。

(承知いたしました。お日付はいつになりますでしょうか)

8月●日で。

(8月●日の~曜日ですね。かしこまりました。ご人数何名様になりましたでしょうか)

2名です。

(2名様、大人の方2名様でお間違えないでしょうか)

はい、そうです。

<最初から「大人」○人、と答えるとスムーズでしょう>

(かしこまりました。ピータールーガーでございますけれども、お時間が特殊なお時間帯なのですが、毎45分ごとにご予約入れるようになっていまして、あ、ディナー・ランチご希望ございましたでしょうか)

ランチの方で。

<人気店だからでしょうか、一度も保留になってないのに、予約条件をすでに把握されていました>

(承知致しました。ランチが11時45分から始まりまして、45分毎の区切りでご予約をさせていただくようになるんですけれども、ご希望のお時間帯はございましたか)

午後1時前後で。

(承知致しました。そうすると、入れるお時間帯12時45分が一番近いですが、よろしいですか)

はい、お願いします。

(ありがとうございます。こちらのレストラン大変人気なレストランでございますので、もしよろしければ第2希望、第3希望のお時間帯、確認させていただければと思うんですけれども)

その後の13時45分でも大丈夫です。

(では、第2希望は13時45分で確認させていただいてもよろしいでしょうか)

はい。もし●日、その2つの時間どちらもダメだったら、◎日の同じ時間帯でも大丈夫ですので。

(承知致しました。こちらのレストランですね、ちょっと特殊なレストランで、現地でつながる携帯のお電話番号開示をさせていただく必要があるんですけれども、その番号、今いただいております末尾が□□□□の番号を開示させていただいてもよろしいですか)

はい、大丈夫です。

(恐れ入ります。ご予約に必要な情報を確認してまいりますので、ちょっとお待ちください=約1分後=大変お待たせいたしました。そうすると、カードの情報が必要になってくるようでして、念のためカードおもて面にございますセキュリティコード4ケタの番号もお伺いできますでしょうか)

はい、○○○○です。

(ありがとうございます。では、こちらも開示させていただきまして……ちなみに、ご滞在のホテルはどちらになりましたでしょうか)

ヒルトンミッドタウンです。

<ホテルの情報も必要でした。電話する前に確認しておくといいかもしれません>

(ヒルトンミッドタウンですね。何日から何日までご滞在でしょうか)

△日から▲日までです。

(ありがとうございます。ご予約名は[ここしょー]様のお名前で入っていましたでしょうか)

はい、そうです。

(ありがとうございます。それと、ご登録のメールアドレスも現地に開示させていただいてもよろしいでしょうか)

はい、大丈夫です。

(ありがとうございます。では、ピータールーガーなんですけれども、現金のみという形になっていまして、弊社のクレジットカード含めて全くカード使えない店になっていますのでご注意ください)

はい。

<もちろん事前に調べてカード利用不可ということがわかっていましたが、こちらも人気店だからでしょうか、コンシェルジェの方もきちんと把握していて、忠告してくれました>

(あと、キャンセルなんですけれども、キャンセル規定がちょっと厳しくなっていまして、48時間前までという形になっていますので、ご注意いただければと思います)

わかりました。

(そのほか何かご不明点はございませんでしょうか)

リコンファームは特に必要ないでしょうか。

(リコンファームについては弊社からさせていただきますので、不要でございます)

<海外のレストラン予約時にしばしば必要になる予約の再確認(リコンファーム)。通常、前日に自分で再度レストランに電話した上で、予約通りの時間に行くからね、という意思表示として行います。これをアメックスが代行してくれるということで、とても便利です。自分は当日予約の時間に店に行くだけでいいのですから、海外旅行でも難しくありません>

では、あとは日程決まったらご連絡いただけるということでしょうか。

(そうですね、現地に確認しまして、日程が決定しましたらご登録いただいていますEメールにご報告という形でよろしいですか)

はい、大丈夫です。

(ちょっとお時間2~3日いただければと思いますので、ちょっとお預かりさせていただければと思います)

よろしくお願いします。

 

という感じで電話は終わりました。あとはアメックスからの連絡を待ち、予約できたら当日レストランに行くだけです。

 

アメックスから手配完了連絡あり

 

 

 電話から5日後、手配完了のメールがアメックスから届きました。ちょうどお盆の時期だったからでしょうか、少し時間がかかりましたが、手配完了とのことで安心しました。

さらに、メールには次のような文書が添付されていました。

こうやって「紙」で届けてくれるのは嬉しいです。念のために印刷して、現地まで持って行くことにしました。

 

ピータールーガーに行ってみた!

 

 予約前日はすでにニューヨークにいましたが、アメックスがリコンファームしてくれるのでこちらから電話する必要はありません。

当日、マンハッタンからレンタサイクルでブルックリンブリッジを渡り、ピータールーガーに向かいました。

ブルックリンブリッジは何度も渡ろうと思っていましたが、これまでは毎回1~2月に来ていたので寒くて断念。今回ついに初めて渡れました。センターラインを境に、歩道(写真右側)と自転車道となっています。

景色もよく、とっても気持ちよかったです!

到着!!さっそく中に入ります!

席待ち客が並んでいます。壁にはニューヨーク発祥のレストランガイドZAGAT(ザガットサーベイ)の額が所狭しと並んでいます。

こちらにはミシュランの星も並んでいました。

入り口付近にはバーカウンター。待っている間、ここでお酒を飲む人も多いそう。

予約名を伝えると、すぐ席を用意するから少し待ってくれと言われました。

約5分後に案内してもらいました。

お昼時ということもあり、店内はほぼ満席。空いているテーブルにもすぐに予約客が案内されていました。

 

頼む肉は既に決めていましたが、メニューを見てサラダや付け合わせを選びました。

こちらはシーザーサラダ。シュレッドチーズたっぷり、大きなクルトンも乗っていて、わりとボリュームがありました。

サラダを食べているとパンが届きました。こちらは頼まずに出てくるもので、おかわりできます。結構ハード系でお腹にたまるので要注意です。

そしていよいよ……

どん!!プライムビーフの「STEAK FOR TWO」です。2人前のTボーンステーキで、フィレとサーロインをどちらも楽しむことができる定番の一品。

付け合わせにクリームスピナッチ(ほうれん草)フライドポテトもオーダー。

 

さっそくほうばると、もうね、手垢のついた表現で申し訳ないですが、本当に「脂が甘い」んですよね。熟成肉のうまみがギュッとつまっていて、なるほど熟成肉がブームになるのもわかるなぁといった感じです。

母と2人であっという間に平らげてしまいました。

さらに、ここに来たら頼むべし!という意見をよく聞いていたので、こちらもオーダー。

 

でっかい!名物スイーツ、サンデー(Luger’s Special “Holy Cow” Hot Fudge Sundae)です!

今にも生クリームが落ちそうで、チョコレートソースはすでに滴り落ちています。

甘い物に強い母にほとんど食べてもらい、ここしょーはアイスの部分だけいただきました。笑

満腹になり、お会計。飲み物は頼まなかったので、チップ込みで2人で2万円いかないくらいでした。こちらも名物、金貨チョコをウェイターさんがぼとぼと落としていきました。

 

アメプラのおかげで、とってもスムーズに楽しい食事ができました!日本に上陸した後はきっとかなり混むでしょうから、NYで先取りできてよかったです。

手数料取られてもおかしくないくらい便利なアメプラの「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」、どんどん利用しようと思いました!^^

コメントを入力する