①-12:キレイな那覇空港サクララウンジ!

 パワーラウンジを一通り見終わり時間が来たので、マレーシアからの乗り継ぎとして羽田から那覇に向かいます!那覇空港で初潜入したサクララウンジの様子も合わせてご紹介します!

 

 

3レグ目:羽田ー那覇(1244M/2564FOP)

 

 マレーシア発の海外発券分の国内区間となります。

運賃=海外発券17万7798円 FOP単価=9.2

 マイル=1244 FOP=2564

 普通席にプラス1000円で利用できる前方の幅広座席「クラスJ」なので、FOPも1.1倍になります。修行中は、10%でも加算できると大きいです。しかもプラス1000円なので、コスパがいいですね。

定刻11時05分の那覇行きです。国内線ファーストクラスは設定のない便です。搭乗ゲートの空席待ちは10人ほど表示されていました。平日なのにすごいですね。平会員かつクラスJ利用の場合、クラスJは機体前方の座席のため、搭乗順は一番最後になります。優先搭乗ってないとないで不便だなぁ、なんて思いながらゲート付近で待機し、乗り込みました。

約3時間のフライトは、熟睡してあっという間でした。

外はあいにくの雨。せっかくの沖縄なのに雨だと残念ですね。

定刻通り、14時ちょうどに那覇空港に着きました!奥に見えるのは、SFC修行で何度も利用したANA側(出発口B~C側)のスポットですね。

次は2時間後に羽田に折り返しますが、次は残念ながら普通席でした。ラウンジに寄る前に、空席待ちカウンターに寄ってクラスJが空いてないか聞いてみました。

すると、「クラスJはあいにく空席待ちの状態ですね……お取りしますか?ちなみに、ファーストクラスでしたら今1席空席がございますが」と!!

なんと!全くもって望みを捨てていて聞いてすらいなかったファーストクラスが奇跡的に1席空いていたのです。予約時はもちろん満席だったので、きっと直前でキャンセルが出たのでしょう。すかさずファーストクラスへのアップグレードをお願いしました。通常ですと、当日アップグレードは8000円ですが、24時間以内の国際線乗り継ぎの場合は非課税になり7408円となります

JAL FIRST CLASSと書かれた搭乗券ゲットです!FOPも110%から150%に上がります!思わぬラッキーでテンション上がりながら一度外に出てご飯を食べ、那覇空港のサクララウンジに向かいました^^

 

那覇空港サクララウンジ

 

 那覇空港のサクララウンジは、2017年2月にリニューアルオープンしてキレイになったと評判だったので、楽しみでした^^

なお、このときはサクララウンジだけでしたが、2018年2月、那覇空港に待望のダイヤモンド・プレミアラウンジが誕生しました!国内線ファーストクラス搭乗客は利用できるので、いつかは使ってみたいですね。

 

場所

 

 那覇空港国内線ターミナルのうち、JALは出発口Aからになります。

(引用元:http://www.naha-airport.co.jp/facility/floor_guide_2f.html)

出発口Aの保安検査場を抜けてすぐの場所にサクララウンジはあります。なお、国内線ファーストクラス搭乗客やダイヤ、JGP会員などが利用できる専用保安検査場とラウンジはつながっています。

 

入室要件

 

 羽田空港国内線サクララウンジと同じです。上級会員や上級クラスの搭乗客は利用可能です。クラスJでは利用できないので注意しましょう。

(引用元:https://www.jal.co.jp/dom/service/lounge/oka/sakura.html)

 

入室~室内設備

 

 

 早速向かってみます!

出発口Aに向かいます。

修学旅行専用レーンができあがっていました。笑

係の人が「今の時間は修学旅行生の方専用レーンがありまーす」と案内していました。

ここから先はファーストクラス専用保安検査場のため、お見送り客はここまでとの看板がありました。当日アップグレードできたため、ずいっと奥に進みます。

こちらが専用の保安検査場。ダイヤ、JGP会員も利用可能です。こちらで保安検査を済ませると、ラウンジとつながっている造りに。右に進めばそのまま搭乗口に向かうこともできます。

左に進むと突き当たりに受付があり、そこで搭乗券を見せて入室しました。

那覇空港サクララウンジの見取り図です。那覇空港ANAラウンジよりは広そうです。

入り口付近には、荷物入れと電話ブースがありました。木目調で統一されていますね。

ぎっしり混んでいます。笑

こちらもほぼ満席状態。

中央のカウンター風の席はかろうじて空いていました。

トイレものぞいてみました。人がいなかったのでパチリ。

とっても清潔感があり、キレイですね!

こちらにも複合機が。羽田と同じ機種ですね。

喫煙ブースもありました。

 

ドリンクサービス

 

 続いてドリンクコーナーを見てみます。

那覇らしく、琉球泡盛があります。ウイスキーやおかきは羽田と同じですね。

こちらにはウコン茶、グァバジュース、シークァーサージュースがあります。沖縄らしさが出てていいですね!トマトジュースや牛乳もありました。

ビールサーバーはもちろんオリオン×2。

もちろんいつものソフトドリンク類も完備でした。

 

全体的に木目調に統一されていて、新しくキレイでとても好感が持てました。羽田のサクララウンジもそのうちこんな感じになるのでしょうか。

次回は、初の国内線ファーストクラス搭乗記です!!

コメントを入力する