空港ラウンジ

きのとやのチーズタルトが食べられる新千歳空港ANAスイートラウンジ訪問記

伊丹、福岡、那覇と国内の主要空港で続々と改修・新設されるANAスイートラウンジ。そのさきがけは、2017年9月に新設された新千歳空港でした。北海道グルメや地ビールも味わえるスイートラウンジの訪問記をまとめてみました。

リニューアルしてキレイになった新千歳空港

1992年7月にオープンした新千歳空港国内線ターミナルは、年々増加する旅行客に対応できるよう、2015年3月から改修工事が始まりました。ここしょーがSFC修業をしていた2017年上期はまさに工事の最中で、ラウンジも使えない状態。

一般保安検査場の天井も工事中であることがわかります。

ですが、現在はとってもきれいになりました。

天井が高く、大きな看板も出てわかりやすくなっています。

ラウンジ直結型の専用保安検査場

ANAスイートラウンジは2017年9月に新設され、同時にANAラウンジも刷新されました。

2017年11月には、ラウンジ直結型のプレミアム専用保安検査場も新設されました。場所はこちら。

(引用元:https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/airport/map/spk.html)

出発口BとCの間、ややB寄りのところにあります。

ダイヤモンドメンバー、プラチナメンバー、SFCホルダー、プレミアムクラス搭乗客らが利用することができます。

中に入ると、前方右奥に専用保安検査場が、左手にプレミアムカウンターがあります。プレミアムカウンターはダイヤモンドメンバー専用の優先列もありました。

プレミアムカウンターでは、チェックイン手続きのほか、プレミアムクラスへの当日アップグレードなどもお願いすることができます。

保安検査場は2レーンありますが、運用上1レーンのみにしている場合が多いと思います。

保安検査場を抜けると、右に搭乗口、左にラウンジにつながるエスカレーターがあります。

こちらがラウンジに進むエスカレーター。ANAラウンジもスイートラウンジもここを上がります。

64席の開放的な空間に

早速潜入します。

こちらが受付。右がANAラウンジ、左がスイートラウンジです。今回はスイートラウンジに潜入します。スイートラウンジは、ダイヤモンドメンバー+同行者1名、ラウンジアクセスカードホルダー+同行者1名が入れます。スイートラウンジ利用券も使えます。

入室すると、目の前に大きなテーブルが見えます。真ん中に山のようなオブジェがあるのが特徴です。建築家・隈研吾氏の監修です。

座席数は64席。駐機場が一面に見える大きな窓が特徴で、開放感があります。

トイレや電話ブースの標識。

電話ブースは2室ありました。

奥にはコピーサービスも。無料で使えます。

新聞や雑誌も揃っています。

ANA国際線ファーストクラスで提供されているシャンパンKRUGの本も。笑

室内設備の配置はこのようになっています。

奥に喫煙室もありますね。下の灰色の部分はANAラウンジです。

きのとやのチーズタルトが無料!

続いてフードサービスをチェックします。新千歳空港のスイートラウンジでは、札幌に本社がある「洋菓子きのとや」の焼きたてチーズタルトが提供されています!

こちらは午前11時、午後1、3、5時の1日4回提供されています。この写真は新規オープン直後に撮影したものですが、現在では透明のフタがついてより衛生的に並べられています。

きのとやのチーズタルトは新千歳空港の一般エリアでも販売されていて、いつも多くの人が行列を作る人気店です。

1つ税込み183円で購入することができます。

(引用元:http://www.kinotoya.com/shop/chitose.html)

この焼きたてのチーズタルトが、なんとANAスイートラウンジで提供されているのです!

ラウンジのスタッフさんによると、1日4回の提供ですが、1回あたり35個まででなくなり次第終了とのこと。きのとやサイドの意向で、提供カウンターに並べてから1時間が経ったら廃棄処分することになっているようです。1時間放置されたら「焼きたて」じゃなくなってしまいますもんね。ただ、一気に35個並べるわけではないので、午前11時以降であればだいたい残っていると思います。

そのほか、YOSHIMI監修のフランスパンも。

このときはベーコンとチーズのパンと、くるみとクランベリーのパンでした。

北海道産米「ななつぼし」を使用したおにぎりも。羽田など他のスイートラウンジのおにぎりに比べて大きいですよね。具は鮭とコンブがありました。おにぎり2種類ではなく、おにぎり1種類+おいなりさんというケースもあるようです。

オープン当初はYOSHIMIのラスクもありましたが、今は提供ないんですかね??これとっても風味がよくておいしかったです。

汁物はコーンスープとみそ汁。

アルコールも充実

続いてドリンクサービスもチェックします。

目玉なのは、午後4時以降に提供される耕人舎の「北海道ビール ピリカワッカ」。クラフトの地ビールですね。

(引用元:http://www.hokkaido-honpo.jp/products.html)

毎日1種類が提供されるようです。

角ハイボールとプレミアムモルツのサーバーもあります。

さすが北海道!サッポロクラシックのサーバーもありました。ビール好きにはたまりませんね。

いつものエスプレッソマシンもジョージスチュアートの紅茶も完備です。

ソフトドリンクはサントリー。青汁もお約束ですね!

ダイヤモンドメンバーの同行者も入室できるので、新千歳空港を利用する際はぜひ利用してみてください!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

プッシュ購読する(iOS)

iPhoneなどiOSをお使いの方は、専用アプリをインストール後にこちらのボタンを押すと新着記事がプッシュ通知で受け取れます。詳細はこちら

 


 

サイト運営者プロフィル

 



東京都の下町生まれ、青森県に転勤中のアラサー独身会社員。旅行、カメラ、ドローンに打ち込み、2017年にANAダイヤモンド会員、18年にJALのJGCを取得しました。19年はANAダイヤ継続修業予定!ドローンの飛行日記やコラムなどをつづった姉妹サイト「黒猫ここしょーのドローン旅。」もゆっくり運営中。

ここしょーを応援する

プライバシーポリシー

お問い合わせ

PAGE TOP

空港ラウンジ

香港国際空港アメックスセンチュリオンラウンジ訪問記

アメックスプラチナ

世界1200か所以上の空港ラウンジを使えるアメックス「グローバル・ラウンジ・コレ…

アメックスプラチナ

アメックスのFHRを利用してリッツカールトン香港にお得に泊まった話

アメックスプラチナ

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)で高級ホテルにお…

ホテル宿泊記

リッツカールトン香港宿泊記(3)102階の天空レストラン”The L…

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus