⑦-9終:ダイヤ到達!修業を数字で振り返る

 早朝にシャワーを浴びてさっぱりし、無料循環バスで羽田空港第2ターミナルに到着しました。残り2レグを駆け抜け、ダイヤ修業を完結させます!

 

 

5レグ目:羽田ー那覇(1918M/1968PP)

 

 国際航空券の国内区間なので、「運賃4」です。プレミアムクラスに空席があり当日アップグレードもできましたが、計算上では普通席でも10万PPに到達しますので、普通席のまま行きます^^

運賃=国際航空券260240円  PP単価=13.5

 マイル=1918 PP=1968

プラチナ会員なので、普通席でもANAラウンジを利用できるのがありがたいところです。時間を潰そうとラウンジに寄ったら、カウンターに「ご自由にどうぞ」の汗ふきシートが置いてありました。

写真はブレブレですが(汗)夏には嬉しいアイテムですね♪

普通席なので機内では写真を撮らず、もう一眠りして那覇に到着しました!

オープン直後に訪問して記事も書いた、「ポーたま」ことポークたまごおにぎり本店を覗くと……

大盛況でした^^

訪問時の様子やメニューなどの記事はこちら↓

https://cocosho.com/sfc-record35

 

6レグ目:那覇ー仙台(2753M/3225PP)

 

 ついに、ダイヤ修業も残すところあと1レグとなってしまいました。長かったような、あっという間だったような。。。那覇から仙台に飛び、そこから新幹線で青森に帰る算段です。

運賃=32000円  PP単価=9.9 マイル=2753 PP=3225

羽田―那覇便より若干距離があるので、その分PPも多めですね。1回のフライトで3000PPを超えられると、解脱までに何回搭乗したか=「搭乗効率」はぐっと上がります。

 

修業僧御用達「エンダー」で朝ごはん

 

今回はポーたまに入らず、もう一つの沖縄グルメを味わいに空港3階に上がります。

こちらが入り口。1919年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれたファストフード店「A&W」(エイアンドダブリュー)です。日本国内では現在沖縄県内に30店舗を構える、沖縄に来ないと食べられない名物店の一つとなっています。

那覇空港にも店があり気軽に食べられることから、修業僧のツイッターにも頻出です。「エンダー」と呼ばれて親しまれています^^

どん!チーズがメルティな感じに仕上がっているこちらが「メルティ・ダブル」。エンダーでポピュラーなメニューの一つです。ハーブ入りで何とも言えない不思議な味の甘い飲み物「ルートビア」(ノンアルです)と一緒にいただきました♪

エンダー名物のルートビアは、店内で飲む場合にはおかわり自由なのも嬉しいところです。那覇空港にお立ち寄りの際には是非^^

 

搭乗準備

 

 

 エンダーで沖縄を満喫し、出発ロビー階に降りてきました。

さすが夏の沖縄、午前中から激混みです。笑

ANAラウンジに避難し、空港の景色を満喫します。「あぁ、修業が終わったら次沖縄に来るのはいつなんだろうか……」とここでも少しおセンチに。笑

もし自分が小学生だったら、

「狭かった、那覇空港ANAラウンジ!」 「ANAラウンジ!」

と思わず呼び掛けしてしまいそうなくらい、思い出たっぷりな場所の一つになりました。

ダイヤアップのラストフライトは、プレミアムクラスが2-1-2配置の76Pでした。センターの1Dに着席して飛び立ちます。感慨深いものがあります。。

 

ラストフライトでは感動のサプライズ

 

 ラストフライトは14時05分那覇発ー16時40分仙台着の便でした。

中央のモニターには外の映像が。離陸します!

ラストフライト、飛び立ってしまいました!

SABOの時間帯でした。

照り焼きハンバーグとポテトサラダのサンドイッチ、苺ジャムとクリーミーチーズのサンドイッチ、グルクンフライと野菜のマリネ(海老・海藻麺・セルフィーユ・ケーパー)、パンプキンサラダ(クルミ・ミニトマト・インゲン)、アセロラケーキ(みかん・ホイップクリーム) 計318kcal

茶菓は、バルセロナに本店を置くスペインのチョコレート専門店「カカオサンパカ」から、フィナンシレ カカオ、パスティース ダ ショコラタ、ガレッタ マンサナです。

これもラスト機内食です。いちいちラストを付けては感慨に浸るスタイルです。笑

食後はアイスコーヒーと抹茶クッキーをいただきました。

 ラストフライトをプレミアムクラスにしたのには理由があります。それは「最後の最後だから、記念となるようなものがほしい!」という思いでした。

これまでの修業の過程で様々な思い出の品をいただいてきましたが、勢い余ってダイヤ修業を始め、ようやく「修業」が終わる最後の区切りです。何でもいいから、ほしいなぁと思っていました。

そこで、機内食の提供が終わり落ち着いた頃に、CAさんにお願いしてみました。

「実は、このフライトで初めてダイヤモンドステータスに上がるんです。なので、思い出になるようなもの何でもいいのでいただけると嬉しいのですが……」

すると、CAさんは嫌な顔ひとつせずに「おめでとうございます!そうだったんですね!もちろん、ご用意させていただきます。どのようなものがご用意できるかわかりませんが、考えてみますね♪」とおっしゃってくれました。

約2時間半のフライト、最後はうたた寝もせずに修業の過程を頭の中で振り返っていました。

すると、先ほどのCAさんが。

「このようなものしかご用意できませんでしたが、思い出の一つになれば幸いです」

なんと、ラストフライトでご一緒したCAさん6人全員からのメッセージでした。

ANAが、飛行機が、旅行が、さらに好きになった幸せな約5か月間でした。

仙台到着後、最後は陸路で青森に帰ります。笑

これでほんとにほんとに修業を終えました!

 

修業振り返り

 

 

 SFC修業をやろう、と決意してから約5か月。多くの時間とお金を費やし、人生初の航空会社最上位ステータスとかけがえのないたくさんの思い出をもらいました。

SFC修業を始めてからダイヤ修業を終えるまでを振り返ってみます。

 修業開始日:2017年2月19日

 修業終了日:2017年7月3日

 搭乗日数:14日間

 総搭乗レグ数:34レグ(ドメ26レグ、インター8レグ)

 総獲得PP:10万2206ポイント

 総獲得マイル:8万6098マイル

 総支払運賃:110万3884円+α(NY旅行)

 PP単価(参考値):12.0

 GOZEN+SABO実食数=18食

 株主優待券使用枚数:16枚

 株主優待券取得費用:5万6800円(ヤフオク)

修業の期間中に得た搭乗案内用紙とGOZEN、SABOのメニューカードを並べてみました。やはり修業僧は変態でした。笑

修業の期間中にいただいた思い出の品々は、ANAスペースにどんどん飾り、スペースがどんどん拡大していきました。

ラストフライト翌々日の午前0時。ステイタスがダイヤに変わりました。

ステイタスカードも届きました。

ブロンズ、プラチナ、ダイヤ、SFC

すべて揃ったので撮ってみました。

多くのお金と時間を使って修業を終えましたが、ツイッターで多くの修業僧同期の方々や先輩方などと知り合うことができ、本当に貴重な体験ができたなぁと思っています。これからも飛行機に乗って旅に出かけ、空港でもせっかく得たステータスの魅力をたくさん味わおう!と思いました。

ANA最高!!!^^

コメントを入力する