⑥-6:クリスフライヤーゴールドラウンジ潜入記

Pocket

 1回目のSINタッチとは違い、今回はDIA修業中で既にプラチナメンバーということで、前回は利用できなかったシンガポール・チャンギ空港の「クリスフライヤーゴールドラウンジ」に入ることができました!前回SINタッチで利用したSATSプレミアラウンジのシャワーブースなどと併せて一挙ご報告します!

 

 

再びのSATSプレミアラウンジ

 

シャワーブースを持つ強み

 

 チャンギ空港発のANA便を利用する場合は、シンガポール航空のラウンジを利用できます。そして、シンガポール航空のラウンジは大きく分けて3つあり、会員ランクや搭乗クラスにより利用できるラウンジが異なります。

 

・シルバークリスラウンジ=ファーストクラス利用客+同行者1名、ビジネスクラス利用客、ダイヤモンドメンバー+同行者1名

・クリスフライヤーゴールドラウンジ=スタアラゴールド、プラチナメンバー、SFCホルダーのいずれか+同行者1名

・SATSプレミアクラブラウンジ=プレミアムエコノミー(PY)利用客、エコノミークラス快適出張サービス利用客(エコノミー(Y)を普通運賃で搭乗の場合)

 

「ゴールド」より「シルバー」の方が格上というちょっと覚えにくいネーミングですが(笑)、SFC修業中のPY搭乗者はSATS、DIA修業中のYもしくはPY搭乗者はゴールドの各ラウンジを利用することになります。

しかし、この2つのラウンジ、SATSにあってゴールドラウンジにないものがあります。「シャワーブース」です。

成田―シンガポールの約7時間のフライト後、シャワーでさっぱりしたいものです。特に深夜に到着するタッチ修業僧にとっては、フライトの疲れを癒やしつつ復路までの時間を有意義に使う「リフレッシュタイム」となります。

そこで、今回はプラチナメンバーでありながら、SATSでシャワーを浴びてからゴールドラウンジをハシゴするプランでいきました!

 

PLTorSFCでSATSも入室OK!

 

 プランを考えるにあたり、本当にラウンジハシゴできるか少し不安になったので、念のためにプラチナデスクに確認してみました。

デスクの言葉を借りると「プラチナ資格やスターアライアンスゴールドの資格をお持ちの方は、基本的にはどちらのラウンジも利用可能となっております」とのことでした。

ちなみに、前回SINタッチでは、復路のチャンギ空港でのチェックインカウンターで搭乗券を発行してもらう際、以下のインビテーションチケットをもらっていました。

これがなくても入れるか不安でしたが、こちらもプラチナデスクいわく「入室に必須のものではないので、特になくても資格をお持ちの方であれば入室できます」とのことでした。

ラウンジの受付でEチケットの控えを渡すと、特にこのインビテーションについては聞かれることなく入室できました。

(※フォロワーさんの中には、インビがないか聞かれた方もいました。おそらく、受付スタッフによって対応に差があるようですが、インビがなくて入室できなかった例は聞いていません。「入国しないSINタッチ」でこちらのラウンジを利用したい方で聞かれた際には、トランジットである旨伝えましょう

 

シャワーブース

 

 SATSラウンジのシャワーブースはわかりにくいです。というのも、ここのシャワーブースはトイレの中にあるからです。トイレに入るまでシャワーの表記は一切無いので、知らないとあれこれ探し回ることになってしまいます。

こちら、男子トイレの室内。夜中の1時過ぎなので、トイレはおろかラウンジも利用客はほぼ無人です。

この個室トイレに連なる形で、シャワーブースが3か所ありました。もちろんシャワーブースも鍵付きです。

シャワーブースの室内。脱衣スペースとシャワースペースがガラス扉で仕切られているので、扉をしっかり閉めればぬれる心配はありません。

利用しようと入ったときは、シャワースペースの床もぬれておらず、かなり清潔感がありました。

 

利用方法は簡単です。受付のスタッフに“I’d like to take a shower”(シャワーを使いたいのですが)と言えばOKです。

ANAラウンジのように鍵や番号札のようなものはなく、ビニールに包まれたバスタオルを渡されて終了です。勝手にどうぞ、というシステムです。笑

こちらが渡されたバスタオル。アメニティは、シャンプーとボディソープはシャワースペースに備え付けてあります。歯ブラシやコームなどは、トイレの洗面台の下にある引き出しを開けると入っています。

洗面台の下に英語で”AMENITIES”(アメニティ)と書いてある引き出しを開けると、

このとおり。ドライヤーは洗面台横に備え付けです。

白いホースのやつです。威力は中くらいだったので、乾かすのにそこそこ時間がかかりました。けれども、バスタオルさえ受付で借りてしまえばあとは最低限のものが一通り揃っているので楽ですね。

同じトイレの中に、タオル返却口も用意されていたので、使用済みのバスタオルはこの中に入れてしまいましょう!

さっぱりしたので、お夜食をチェックします。

 

フードサービス

 

 

前回利用したときと軽食の内容が若干変わっていました。

おっきな玉子焼き?です。ほうれん草のようなものとハムのようなものが入っているのが見えます。

大量のウインナー。午前1時過ぎにこのピークタイムのような量……すごいです。笑

輪切りトマトと豆の煮込み的なもの。これは前回も見た記憶があります。

大量のパンケーキも。他にはサンドイッチやフルーツなどがありました。ただ、前回(午前4時過ぎ)と違って今回は午前1時過ぎということもあり、軽食の種類は前回より圧倒的に少なかったです。

時間が時間なので、ラウンジ内も掃除のおばちゃんくらいで、ガラガラです。

スマホをしっかり充電してしばしくつろぎます。

USBでの充電のほか、3つ口のコンセントもあります。変圧器内蔵型(グローバル対応)であれば、日本で使っているスマホ充電器も普通に使えます。その際、コンセント右上のスイッチをオンにしないと通電しないので気を付けましょう。

 

午前3時になり乗り継ぎカウンターで復路の発券をしたタイミングで、プラチナかSFCホルダーが利用できる「クリスフライヤーゴールドラウンジ」に潜入してみます!

 

クリスフライヤーゴールドラウンジ

 

場所は、SATSプレミアラウンジのすぐ近くにあります。

右に進むとSATSプレミアラウンジ、まっすぐ進むとシルバークリスラウンジ。案内表示はありませんが、写真左に見切れている所がクリスフライヤーゴールドラウンジの入り口です。

受付はこのようになっています。目の前に遮る物なくスタッフがいるので、なかなか勇気を要した1枚です。笑

こちらで搭乗券を見せればすぐに通してくれました。スターアライアンスゴールド資格を有したANA搭乗客を意味する「NH*G」が印字されているので、プラチナカードなどの提示は特に要求されませんでした。

 

室内の様子

 

午前3時過ぎなので、人もまばらでとても空いていました。

所々でイスを動かして仮眠を取っている方がいました。

飲食サービスをのぞいてみましょう。

 

ドリンクサービス

 

冷蔵庫に様々な種類の飲み物がストックされていました。

ミネラルウォーター、コーラー、ペプシ、スプライトなどの定番はもちろん、オレンジジュースやリンゴジュース、トマトジュース、ジンジャエール、ハイネケンが入っていました。冷えたジョッキもありました。

アルコールはこちらにも。

タイガービールのサーバーもありました。冷えたジョッキでグッといけます。

エスプレッソマシンも2台完備。

マシンの下にコーヒーカップがキレイに陳列されていました。

 

フードサービス

 

 

続いて軽食を見ていきます。

耳付きのサンドイッチ。コンビニサイズですが、ANAラウンジに慣れていると大きく感じます。トマト、キュウリ、ローストチキン、タマゴマヨ、ツナマヨの5種類。

チーズとクラッカー、フルーツ。フルーツがまるまる1個なのを見ると、海外に来た感じがしますね。

ホットミールコーナー。すべて空です。。。

実は入室した時にはサンドイッチなどしかありませんでした。SATSよりも少ないです。

こちらのホットミールコーナーは午前5時から並べられるとのこと。スタッフにオーダーすれば時間外でもリクエストに応じると書いてありますが、メニューの表記などはなく、お腹も空いていなかったのでオーダーしていません。

午前5時ちょうどになると、続々とホットミールがカウンターに運ばれてきました。

肉まんのようなもの。皮がとても厚いです。

おかゆの登場。中国っぽいです。

ビーフンも登場。これは温かく、パサついておらず、美味でした。

フレンチトーストとスクランブルエッグ。急に朝食っぽさが出て来ます。

ヨーグルトやゼリーのようなものが追加されました。

午前6時発のNH802便(SIN-NRT)を利用する場合、搭乗ゲートまでの移動を考えると午前5時過ぎにはラウンジを出たいところなので、写真を撮って少し味見する程度にして、すぐに退室しました。

 

感想

 

 SATSプレミアラウンジと比較すると、ゴールドラウンジの優位性をあまり見いだすことはできませんでした。強いて挙げるなら、午前5時頃はSATSよりも空いていたかな?というくらいでした。

個人的には、シャワーブースがあり、午前4時以降の軽食が充実しているSATSラウンジの方が過ごしやすいなぁという印象です。

もちろん、利用する時間帯によっても異なるでしょうし、一概には言えないと思いますが。

それでも、プラチナ取得によってラウンジの選択肢が増えたことは喜ばしいことです^^

第2回SINタッチもいよいよ復路に向かいます!

Pocket

コメントを入力する