④-3:繁忙期は予約間隔に注意!

 14:25那覇着→15:00発羽田行きと乗り継ぐ計画でしたが、GWのためか空港混雑で着陸が遅れてしまいました。無事に間に合い搭乗できるのか、そんなお話です。

 

 

繁忙期の「乗り継ぎ間隔30分」は要注意!

 

 本来は14:25着陸予定でしたが、空港が混雑しているため、接地したのは14:40でした。そこから滑走して駐機場付近に移動する間にスマホの機内モードを解除し、アプリで次便の最新情報をチェックします。

混雑の影響で出発時間も遅延しているかもしれない……とわずかな望みにかけて画面を開くと「出発時間変更15:15となっています!

ほ……これで望みはつながった。しかし、ここでまたしても非情なアナウンスが。

「駐機場が混雑しているため、当機は駐機場付近に止まり、皆様をバスでご案内いたします」

 

!!これは大きなタイムロスです。プレミアムクラスなので優先降機があっても、バスだとある程度乗らないと発車しないからです。

結局、バスで空港の建物に着いたのが14:55。もちろん乗り継ぎ対象ではないので一度到着ロビーに出て再度保安検査を受ける必要があります。

普段しないダッシュをして保安検査場に着いたのが14:59

10人くらい並んでいた優先レーンの最後尾に並ぶと、ちょうどグランドスタッフさんが声をあげていました。

 

「15:15発羽田行きにご搭乗予定の(ここしょー)様ぁ!」と呼ばれたので手を挙げると、

「よかったです。ちょうど保安検査締め切りだったので、プレミアムクラス空席待ちの方に開放するところでした」と恐怖の一言。

 

そう、いたる所でアナウンスされている通り、保安検査場は出発時刻の15分前までには通過しなくてはなりません

定時運行に支障が出るのを防ぐ、という目的以外に「空席待ちに座席を開放する」という時間でもあるのです。

仮にこの時間を過ぎてしまうと、保安検査場でQRコードやICカードをタッチしても、「――保安検査は締めきりました――」という無情な黄色の紙が出てくるだけです。保安検査員が近くにいるANAのグランドスタッフに確認を取り、そのときに自分の予約座席が空席待ちの人に割り当てられていた場合、もう搭乗する権利はありません

今回、レーンに10人も並んでいたので自分の番が来たときにはこの無情な紙が出てきましたが、事前にグランドスタッフさんにアピールできたおかげで座席は確保されたまま、無事に再度タッチしていつもの保安検査証を受け取ることができました。

再びダッシュで搭乗ゲートまで行くと、ちょうど優先搭乗が終わったところでした。なんとか、間に合いました。。。

ここで教訓。これまで修業の旅程を組む時は「何となく30分以上間隔を空けた方がいいだろうな」というくらいで予約していました。が、正確には「出発時刻の15分前までに保安検査場を通過できるだろう時間」分空けなくては意味がないと認識しました。

実際、保安検査場を通過してから搭乗ゲートまで行くのに、広い羽田空港であっても小走りすれば15分はかかりません。それよりも、保安検査を通過するまでが重要です。

特に、GWやお盆、年末年始など特に混雑が予想される時期は、飛行機の遅延を念頭にいつもより多めの間隔を空けて予約することが重要だろうな、と学びました。

(そう考えると、「30分間隔」って結構危ない橋渡っていたんだな、と思います。着陸時間から15分以内に保安検査場でICをタッチしなくてはいけないんですもの。無事に旅程をクリアできていたのもANAの定時運行に支えられていたんだな、と改めて実感しました)

 

3レグ目:那覇ー羽田(2140M/3352PP)

 

 GW修業1日目のラストフライトは、大人気の那覇→羽田です。羽田発那覇行きは若干の空席がありましたが、逆区間はかなり埋まっていました。株主優待枠も既に満席だったため、仕方なく正規運賃で予約しました。

運賃=55090円 マイル=2140 PP=3352 PP単価=16.4

運賃1なので、PPも3000超えです。が、当然運賃は高いため、PP単価も良くない数字です。普段株主優待券をバシバシ使っているので気付きませんが、普通運賃ってこんなに高いんだなぁ……汗

それよりもなによりも、走って暑い!引くくらい汗だくなので、着席するなり新聞よりもなによりもウェットタオルをもらいます。

離陸する頃には落ち着き、機内食が出てきました。

SABOの時間帯。メニューは、

チキンとツナポテトサラダのサンドイッチ、スモークサーモントラウトとマスの卵のオープンサンド、生ハムメロンとチーズとソーセージ盛り合わせ(生ハム・メロン・カマンベールチーズ・ソーセージ・セルフィーユ・スタッフドオリーブ)、桜レアチーズゼリー(261kcal)

です。正直、これまでのSABOの中でダントツにおいしかったです!「軽食」であっても生ハムメロンやオリーブなど、ビジネスクラスのアペタイザーで出て来そうな質の高い素材が入っていて、とてもうれしくなりました。桜レアチーズゼリーもしっかり桜の味がして美味でした!ちなみに、きのこのポタージュスープも頼んでいただきました。

お菓子はもはや開封すらせずにお持ち帰りです。実家の手みやげが増えました。

 

約2時間半のフライトで、少し遅れて羽田空港に着きました。時刻はもうすぐ19時半。今日はここで打ち止めです。実家にバスで帰り、翌日の残る3レグに備えます。

コメントを入力する