⑥-9終:第2回SINタッチ終了!

Pocket

 ANA ARRIVAL LOUNGEでゆっくり過ごしていると次便の出発時間が迫ってきたので、保安検査場に向かいます。第2回SINタッチ、ラストレグです!

 

 

5レグ目:成田ー仙台(345M/354PP)

 

現在ANAは羽田―仙台線の設定がありませんが、実は成田―仙台線はあるんですね。国際航空券の国内区間(運賃4)扱いなので、実質5000円で搭乗できます。しかし、仙台に飛んでも那覇に飛んでも金額は同じなので、ちょっともったいない気もします。こればかりは青森までの帰宅の手段なので仕方ないですね。

運賃=国際航空券122450円  PP単価=9.4

 マイル=345 PP=354

わずか1時間弱のフライト。距離も短く、マイルもPPも極小です。笑

 

ラウンジから移動~搭乗ゲート付近

 

アライバルラウンジを出て、エスカレーターを登ると一直線の通路が見えてきました。

この先に保安検査場があり、撮影は控えました。ゴールドトラックがあり、優先レーンでサクっと検査を済ませました。

さて、こちらが搭乗ゲート付近。狭いですね。高速バスの待合所みたいです。

マップはこんな感じ。A~Hまで8ゲートありました。ほぼ、バスなんですね。LCCターミナルの雰囲気にそっくりでした。成田空港はやはり国際空港ですので、国内線は小規模なんですね。

こちらは売店。ANA FESTAですね。これくらいしかないので、ラウンジを早めに出てきてしまうと、かなり待ち時間の暇をもてあますことになりそうです。

外国人の方もたくさん待っていました。ちょっとバスの排気ガスくさく、個人的には少し頭痛がしてしまいました。。

 

搭乗~機体内部

 

写真を撮っているうちに時間になり、搭乗開始です。

搭乗ゲートで搭乗券をピッとして先に進むと、もちろんバスがあります。面白かったのは、ここでもしっかり優先搭乗サービスがあることです。お体が不自由な方向けの事前改札は、ちゃんとバスの座席を確保していただけるので必要だと思いますが、その次に優先されるのは一般搭乗の高齢者よりダイヤ会員なのです。

これは、バスは1台では足りず2台に分けて順次乗車するので、早く機内に案内できるように、との配慮なのでしょう。正直、バスなのでダイヤでもプラチナでも一般搭乗でもあまり意味がないと思いました。

エアポートリムジンバスに乗車して機体まで向かいます!

ボーイング737-500、通称「スーパードルフィン」です!イルカの絵がかわいらしいですね。

こちら、ANAグループの「ANAウイングス」が運航しています。

計126席で、プレミアムクラスはありません。今回は窓側にしました♪

 

前から3列目です。頭上は低く、やや圧迫感がありますね。

さて、出発です。

お隣にはAIR NEWZEALANDが。さすが成田。

テイクオーフ!!わずか1時間ちょっとのフライトですが、ドリンクサービスもちゃんとありました。今回ご一緒だったANAウイングスのCAさんたち、とても接客上手で好感が持てました!

あっという間に仙台にやってきました。日も落ちてきましたね。

戻ってきてしまいましたー!!仙台空港!

第2回SINタッチで計5レグ=15918PPを稼ぎ、この時点で76432PP。

残り23568PPでついにダイヤモンドメンバーの仲間入りです!

ラストスパート、頑張ります!

Pocket

コメントを入力する