②-6:NH110便ビジネス=777-300ER設備

Pocket

 この時に乗ったNH110便は、午前10時20分に羽田を発って日付変更線を超え、同日午前9時(現地時間)にJFK空港に着く、約11時間のフライトです。普段のエコノミークラスなら映画を見ながら眠くなるのを待つだけですが、今回はビジネスクラス。おもちゃを与えられた子どものように、機内探検に出かけます!

 

 

777-300ER ビジネスクラス用設備

 

 今回乗った飛行機は777-300ERです。同機は座席数が最も多い264席、エコノミークラスの座席が若干少ない250席、ビジネスクラス席が多い212席の3パターンあり、今回は212席でした。

座席は「ANA BUSINESS STAGGERED」、どの席からも他席を横切らずに通路にアクセスできる「スタッガード配列」です。トイレに立つ時に他人に気を使う必要はありません。もちろん、機内探検だって同じです。

CAさんに寝具のセッティングをお願いして、まずはバーコーナーに行ってみました。

 

バーコーナー

 

 777-300ER(212席)のバーコーナーは、ビジネスクラス17列目と18列目の間にあります。ちょうどトイレがある所で、ここは基本的にビジネスクラス客用の場所になります。

先ほど飲んだ赤ワインがちょうど置いてありました。他に水や缶飲料、チョコやあられなどの軽食、歯ブラシ、耳栓、機内保湿用マスクなどのアメニティ、雑誌などが置いてありました。もちろん勝手に持っていってOKです。前日に国内線プレミアムクラスに乗ったときに配られたクッキーもなにげに置いてあります。笑

トイレに立ったついでにちょこっとつまんだり喉渇いたときにいいですね。CAさん呼ばずに済ませることができます。

こちらはバーコーナーではありませんが、ビジネスクラス6列目と7列目の間にあるトイレ横のギャレー付近のもの。実は今回は前方のトイレの方が座席に近かったので、トイレに立ったついでに撮っておきました。緑色の袋は抹茶クッキーで、バーコーナーにはありませんでした。

 

トイレ

 

 777-300ER(212席)のビジネスクラスの特徴は、トイレにもあります。

 まずはエコノミークラスと比較したときの潜在客数(トイレ1か所あたりの座席数)。

 

ビジネスクラス=21.0 (座席数84、トイレ数4)

エコノミー+プレエコ=27.2 (座席数136、トイレ数5)

 

この機はビジネスクラスの座席が多く作られているので差は若干小さくなりますが、それでもビジネスクラスの方が混みにくいと言えます。

さらに、ビジネスクラス以上になるとトイレがウォシュレット付きになります。日本の航空会社!って感じがしますね。

水勢も5段階で変えられ、きちんと温水が出てきます。日本の技術、バンザイ!

トイレ内にもアメニティは完備しているので、バーコーナーから取ってくる必要はありません。

 

歯ブラシセット、マウスウォッシュ、フェイス&ボディシート、ヘアトニック的なものなど。マウスウォッシュは1回分が個包装で用意されているので、衛生的にもGoodです。

欧米系航空会社のエコノミークラスのように「トイレ大渋滞」ということにもならず、寝る前に歯磨きも済ませてさっぱりしました^^

きちんと紙コップも用意されているので、歯磨きにちょうどいいです。ペーパーは硬いのと軟らかいの2種類用意してくれています。手を洗う蛇口には温度調節弁がついていて、温水もしっかり出ます。

ちなみに、トイレットペーパーはシングルでした。好みが分かれるところですが、ここしょーはダブル派です。笑

 

寝具

 

 

 1食目の機内食の提供が終わってしばらく経つと、照明が落とされておやすみモードとなります。探検が終わって席に戻ると、CAさんがきれいに寝具を整えてくれた後でした。

現在、東京発NY行きのANA路線ビジネスクラスでは、フルフラットシート「ANA BUSINESS STAGGERED」が採用されています。シートをフラットにしただけでは硬く寝心地が悪いので、ANAでは、東京西川「エアーサイクロン®」をこのシート用にカスタマイズしたベッドパットを、アメニティとして全席に用意しています。

ANAによると、「独自の特殊三層構造と適度な反発で寝返りが打ちやすく、通気性にもすぐれ、抜群の寝心地です。裏面に滑り止め加工を施しており、お座りいただいた状態でもシートクッションとしてお使いいただけ」るとのことで、実際座っていても邪魔にならず、横になれば小さく蛇腹のような構造になっていて体圧がうまく分散してくれているように感じました。長時間寝ていてもこれなら問題ないです(個人の感想です)。

また、掛け布団(コンフォーター)と枕もセットで用意されています。CAさんにセットしてもらわなくても、搭乗時に各座席に一式置いてあるので、自分で簡単にセットできます。

機内用のパジャマも貸し出してくれますが、数に限りがあるので早い物勝ちです

 

そのほか、アメニティキットも用意されています。

これ、高級感があってなかなか嬉しいです。

「ニールズヤードレメディーズ」のアメニティセットです。中身は以下の通り。

・ビーラブリーハンドクリーム 10ml
・ホワイトティフェイシャルミスト 10ml
・シアナッツ&オレンジ オーガニックリップフォーミュラ4g
上記に、歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグをセットして提供されます。

777の機内は結構乾燥するので、フェイシャルミストをかけてマスクをして就寝しました。いい香りで癒やされます。

 

このほか、靴べら付きのスリッパ(持ち帰りOK)やカーディガン、足ふみローラーなどの貸し出しなど、かゆいところにも手が届くANAのおもてなしを堪能することができます^^

 

就寝時の座席

 

 フルフラットにして横になると、こんな感じです。

分かりにくいですが、寝っ転がりながら撮っています。なお、片方のひじ掛けは上に押し上げ、もう片方のひじ掛けを下に押し下げることによって、両ひじ掛け分のスペースもフラットにすることができます。

また、リクライニングのボタンの横にある「DO NOT DISTURB」ボタンを押すと、「寝てるから起こさないで!」という合図をCAさんに発することができます。ボタンを押すと、シートの上部にあるランプが光ることで、通路を歩くCAさんに認識されます。

消灯後はテーブルのブルーラインがすごくきれいです。寝るのに明るくて邪魔!という人はボタンで消すこともできます。

消灯前にペットボトルの水を1人1本配ってくれるので、テーブルのペット置き場に置いておき、しばし休みます。

次回はビジネスクラスのお楽しみ、バラエティに富んだ中間食(軽食)についてお届けします!

 

Pocket

コメントを入力する