②-4:NH110便ビジネス=座席編

Pocket

 2017年2月、ANA NH110便羽田発NY行き(HND―JFK)ビジネスクラス搭乗記その1です。

 

 

羽田―JFK(5176M/5106PP)

 

 今回は大手旅行代理店経由でホテル付きのプランを申し込みました。「全日空直行便ビジネスクラスで行く!ニューヨーク5日間の旅」的なよく広告で見るプランですね。

1人あたりの旅行代金は約37万円(諸税含まず)。事前に代理店に確認したところ、予約プランはビジネスクラスの中で最も低い「P」でした。そりゃそうですよね、同路線同クラスの定価(予約プラン=J)は片道だけで約60万円します。

Pクラスのマイル・PP積算率は70%で、搭乗ポイント(400PP)はつきます

マイル=5176 PP=5106

今回はホテル込みのパッケージプランのため、PP単価は算出できません。しかし、SFC修業に関係なく元々計画していた旅行だったので、それで往復で1万を超えるPPを獲得できるのはなかなか魅力的です。

 

搭乗開始

 

 ANAラウンジでゆっくり過ごしていましたが、初ビジネスクラス搭乗に心は浮かれ、「優先搭乗も経験したい!」と早めに搭乗ゲートに向かいます。111番ゲートなので、ラウンジのすぐ近くでした!

しばらく待っていると、優先搭乗のアナウンスが流れてきました。まずは、車いすや子ども連れなど、搭乗に際してお手伝いが必要な人。次にファーストクラスとダイヤモンド会員の方々。目の前を悠然と歩いていく姿かっこいい!いつかこの恩恵に浴したい!と目をキラキラさせるここしょーでした。

そしてようやく、ビジネスクラス、SFCホルダー、プラチナ会員、スタアラゴールド、らくのりに該当する乗客の優先搭乗が始まりました。

す、すごいぞこの優越感!笑

そして何か月も楽しみにしていたビジネスクラスにようやく乗れるとあって、気分は最高潮です。テーマパークで2時間も並んだ後にようやくジェットコースターの座席に腰掛けた時の、何十倍もの高揚感に包まれます。たまんないこれ……笑

ボーディングブリッジの窓から搭乗機が見えてきます。777-300ERです。

運命の分かれ道です。いつかは左に進める日が来るのだろうか……いや、マイルを貯めて必ず乗るぞ、ファーストクラス!!

 

座席―ANA BUSINESS STAGGERED―

 

 

自分の座席ではありませんが、パシャリ。NY行きのANAビジネスクラスは、フルフラットシートで互い違いに配置された「ANA BUSINESS STAGGERED」です。どの席からも他席を横切らずに通路にアクセスできる「スタッガード配列」のフルフラットシートを、日本のビジネスクラスで初めて導入したのがANAです。トイレに立つ時、知らない人に「すいません……」と言ってよけてもらうの、ほんと気を使うんですよね。なのでこれはありがたいです。

ちなみに、ギャレーを挟んで最前列の座席(7列目)は前列のシートがないので、写真では右前方が大きな置き台になっていますね。通常の座席は、この部分が前方座席のシートになります。

自席に着いて足を伸ばしてみました。と、届かない!フルフラットシートの長さは74.5インチ(約190cm)、幅は25.3インチ(約64cm)あります。これまで乗っていたエコノミークラスでは想像できないシートピッチです。タッチパネル式の17インチモニターも存在感あります。

ビジネスクラス席では、フルフラットにして寝られるよう、毛布や枕などの寝具が配られています。とりあえずオットマンに収納しておきます。

ひじ掛けの下には電動リクライニングのボタンがたくさんありました。これを使いこなすのは難しそう……

と思っていたら、しっかり説明書が座席に備わっていました。

これなら安心ですね。それにしても高性能なシートですね。

座席の隣のテーブルには、冊子ラックと、フタ付きの収納ボックスがありました。離着陸時はこのテーブルに物を置けないので、収納ボックスの中に充電器などを閉まっておきます。

 

ビジネスクラスの接客

 

 ゆっくりと飛行機が動き出し、滑走路に向かいます。

事前に旅行代理店に、窓側の席になるよう座席指定の希望を伝えていたので、窓をずっと眺めながら出発の時を待ちます。

すると、CAさんがスパークリングワインとオレンジジュースの入ったプラスチックのコップを持ってウェルカムドリンクを配りに来てくれました。すぐに離陸するから、プラスチックで、量も少なめです。が、嬉しいですね、こういう細かなサービス。

 

その後、別のCAさんが私の目を直視しながらかがんで自己紹介をしてくれたのです。

「(ここしょー)様、本日はビジネスクラスへのご搭乗、誠にありがとうございます。担当させていただきます、●●と申します。ご不明な点がございましたら、どうぞなんなりとお申し出下さい」

そうです。国際線ビジネスクラスでは、CAさんが1人1人に名前で呼びかけてあいさつしてくれるのです。話しかける前に名前の書かれた紙をこっそりと見ていましたね。CAさんの接客魂に感服です。

早速、2列後ろに母親が乗っている旨を伝えた上で、食事後に2人分の寝具のセッティングをお願いします、と伝えてみました。すると、メモを取りながら「もちろんでございます。承知いたしました」と丁寧に対応いただきました。

そんな会話をしてからしばらくすると、滑走路に到着。NH110便の後に離陸する飛行機が、お行儀よく待機しています。

そして午前10時45分、25分遅れで離陸しました!エンジン部分がよく見えます!離陸後まもなく、1回目の機内食の提供が始まります。次回、機内食についてお伝えします!

 

 

Pocket

コメントを入力する