空港ラウンジ

プライオリティパスで入れるJFKアラスカラウンジ訪問記

2018年夏に行ってきたNY旅行。JFKで帰りの便に搭乗する前、せっかくなのでブリティッシュエアウェイズのラウンジだけでなく、プライオリティパスで入れるアラスカ航空のラウンジにも入ってみました。意外といい空間でしたので、潜入レポートをお届けします!

BAビジネスラウンジは一部閉鎖中!

JFKからANA便で日本に帰る場合は、ターミナル7となります。ターミナル7はANAのほか、アラスカ航空やブリティッシュエアウェイズ(BA)などが出発する建物となります。

ANA便を利用する際、ビジネスクラス利用客やSFCホルダーなどの対象者は「ブリティッシュエアウェイズ・ギャラリーラウンジが利用できる」とチェックインカウンターで案内があり、搭乗券にもラウンジ名が記されます。BAは本来、ワンワールド系ですが、ターミナル7にはスターアライアンス加盟航空会社のラウンジがないため、ANA搭乗客も利用できるよう契約していると思われます。同ラウンジを利用した時の記録は、こちらにまとめています。

②-8:JFKビジネスラウンジ
4度目のNY観光を満喫し、いよいよ帰国日。いつもの大手旅行代理店格安ツアーでは、たいてい午前10時くらい発のユナイテッド航空やデルタ航空のエコノミークラスで地獄の14時間フライト、というのが定番でした。

なお、このラウンジは2018年10月6日より改装工事中で一部閉鎖されております。

それまでは、ファーストクラス搭乗客やANAダイヤモンドステータスホルダーなどが利用できる「ブリティッシュエアウェイズ・ファーストクラスラウンジ」が工事中で利用不可でしたが、こちらは工事が終了して利用できるようになったようです。

ビジネスラウンジを全く使えない訳ではありませんが、時間帯によっては混雑したりゆっくり過ごせるような空間ではなくなってしまう可能性もあります。

そこで、プライオリティパスをお持ちの方にオススメしたいのがBAラウンジの隣にあるアラスカ航空の「アラスカラウンジ」です。

アラスカラウンジの基本情報

アラスカラウンジは前述の通り、プライオリティパスがあれば入室可能なラウンジとなっています。

場所は、BAラウンジの隣。

(引用元:https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/departure/airport/map/jfk.htmlを基に作成)

保安検査場を抜けた先のエスカレーターを上がり、左のエスカレーターを昇ると正面にあるのがBAラウンジ。その左手にあるのが、アラスカラウンジになります。

アラスカラウンジの営業時間は午前5時~午後10時ですが、土曜日は午後5時までです。12月25日は休館日です。

プライオリティパスホルダーは、搭乗便の出発予定時刻3時間前から入室可能。カード1枚につき2人まで同伴可能です。料金はプライオリティパス会員のレベルやクレジットカード会社の取り決めによって異なります。

アメックスプラチナを持っていれば、年間何回でも無料で利用できる「プレステージ会員」としてプライオリティパスを発行でき、しかも同伴者1名も無料で利用できます

プレステージ会員で発行できるクレジットカードはそこそこありますが、同伴者1名も無料というのは少ないので貴重です。アメックスプラチナの威力を感じる時の一つであり、是非ともオススメしたい点です。そのほかアメックスプラチナの多すぎる特典は、こちらにまとめています。

アメックスプラチナの年会費と特典は?持つべきカードか。
 アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードといえば、プラチナ級のクレジットカードでもっとも格の高いカードだと言われています。カードの持つブランド力もさることながら、カードを保有しているだけで様々な特典を受けることができます。

アラスカラウンジ潜入!

保安検査場を抜けたところから、レポートしていきます!

保安検査場~入室まで

保安検査場を抜けると正面に見えるエスカレーターを昇っていきます。

BAラウンジとアラスカラウンジの案内表示が見えます。左ですね。

左手にあるエスカレーターをさらに上がります。

BAラウンジの左手にあるのが、アラスカラウンジ。受付でパスポートと搭乗券を渡し、プライオリティパスのデジタル会員証のQRコードをチェックしてもらい、入室します。

木目調でおしゃれな造りですね。まっすぐと通路を進むと、

もう一度アラスカラウンジの看板が。ラウンジスペースが見えてきました。

室内設備

ざっと見渡してみます。

テーブル席やソファ、テラスカウンターなどがあります。

こちらはフードサービス近くのダイニング席。

個室感のあるソファ席もありました。

駐機場を眺めながら1杯、もできます。

バーカウンターもあり、お酒も頼むことができます。

コンシェルジュスペースのような机席もありました。

フライトボードもしっかりありました。

フードサービス

続いてフードコーナーを見ていきます。

こちらが中央に置かれたフードコーナー。

マフィンやベーグル、トーストのほか、海外らしくオレンジやリンゴ、バナナもそのまま置いてあります。

こちらはスープではなく、オートミール。

ゆで卵やシリアルもありました。

こちらはカウンターにあったコーナー。

メントスのようなミント味のガムがありました。

やったー!海外ラウンジなどでよく見かける、パンケーキメーカーです。ボタンを押すだけで小さなパンケーキを自動で焼いてくれる機械。その隣には、マフィンも入るトースターもありました。

ドリンクサービス

続いてドリンクも見てみます。

紅茶や牛乳があります。

こちらはレギュラーコーヒーとデカフェのディスペンサー。

奥にはスタバのエスプレッソマシンも!いかちぃ大きさです。

エスプレッソローストとデカフェの豆がセットされていました。

ラテやモカ、カプチーノなどからホットチョコレートまで選べる優れもの!スタバのコーヒーがこうして飲めるのは嬉しいですね。

もちろん、ソフトドリンクもありました。

こちらはワインやカクテルなどが頼めるバーカウンター。ここしょーは頼んでいません。

設備はキレイで人も少なくGOOD!

というわけで、コーヒーとパンケーキをいただいてみました。

パンケーキはかわいらしいサイズです。笑

みなさんBAラウンジに行かれる方が多いからか、こちらのラウンジはかなり空いていました。フードサービスはBAラウンジに見劣りしますが、設備がキレイでなかなか居心地がよかったです。

JFKターミナル7にお越しの際は、是非のぞいてみてはいかがでしょうか!^^

関連記事

  1. 伊丹空港ANAラウンジ訪問記

  2. 成田空港グローバルファーストラウンジ&ユナイテッドクラブ潜入記

  3. JFKからナイアガラの滝に行く!ジェットブルーでも使える空港ラウンジ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

プッシュ購読する(iOS)

iPhoneなどiOSをお使いの方は、専用アプリをインストール後にこちらのボタンを押すと新着記事がプッシュ通知で受け取れます。詳細はこちら

 

 

サイト運営者プロフィル

 



東京都の下町生まれ、青森県に転勤中のアラサー独身会社員。旅行、カメラ、ドローンに打ち込み、2017年にANAダイヤモンド会員、18年にJALのJGCを取得しました。19年はANAダイヤ継続修業予定!ドローンの飛行日記やコラムなどをつづった姉妹サイト「黒猫ここしょーのドローン旅。」もゆっくり運営中。

プライバシーポリシー

お問い合わせ

PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus